Inner's Voice

今のままでいい。そう思う社員なんてひとりもいない。「変えよう」という意志とともに、この地域の、明日を見つめている。

この会社が少しずつ変わりはじめている。そう実感することのひとつに、昨年から導入したクレドの効果があります。例えば、社内の打ち合わせで「自分がお客様だったら…」という話が頻繁に出るようになりました。これは、お客様目線で考えるという意識が以前よりも強くなったからだと思うんです。クレドによって「お客様第一主義」というビジョンが明確になり、社員が同じ意識を持って働くことができるようになったのは大きな変化ですね。

私たちが常日頃から大切にしていること。それは、お客様との絆づくり。お客様に「売った」、ユニオンから「買った」という売り買いだけの関係ではなく、お客様から「ユニオンで買いたい」とご指名いただける良好な信頼関係を、丁寧に時間をかけて築くこと。それがなによりも大切なんだと思います。例えば、ご家族3 代に渡ってお車をご購入いただけるのは、絆を深めるお付き合いを長年つづけてきたからこそだと思います。

この会社が農業事業をスタートさせて今年で3 年目。新たな試みとして、地元の小学校の近くに畑をつくり、子供たちに野菜づくりを体験してもらおうと思っています。そこで収穫された野菜は子供たちが自ら食べるだけでなく、余剰分については給食センターなどで購入してもらい、得た利益を子供たちのさまざまな活動費に充てる予定です。農業体験を通して、その魅力を肌で感じ、ゆくゆくはこの地域の農業を担う人材に育ってくれると嬉しいですね。